掲示板

2004年11月23日

映画「ハンテッド」

 まあまあです。ベネチオデルトロの演技はすごいです相変わらず。
 ストーリーはー元軍人系の人がね、人を殺しちゃうの。もう一般社会に戻りなさいよーって時期なのにね、やっぱ戻れないわけ。それがベネチオね。
 で、対決すんの。元師匠系の人と。そんだけ。
監督
ウィリアム・フリードキン
出演
トミー・リー・ジョーンズ
ベニチオ・デル・トロ
コニー・ニールセン
posted by ハワイ at 02:17| ウィーン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

映画「はじまりはキッスから」

 面白いですこの映画。タイトルだけ見て普通の恋愛映画かと想ったら大間違い。オープニングから違いにまわりますけど実写にたまーにアニメが混ざったカンジの映像センスが素晴らしい。ウェイキングライフ系。
 ストーリーは3組のカップル、一回の浮気が大きく人生を変える結果に。系。これまた普通っぽいですけどこの映画は普通ではないのです。浮気にもし加害者と被害者って区別があるとしたら、加害者の結末が面白い。最後もほほーと思います。
 ブラックユーモアと登場人物の憎めないバカっぽさがまた良い。
(2002) JUST A KISS
監督
フィッシャー・スティーヴンス Fisher Stevens
製作
マシュー・H・ローランド
出演
キラ・セジウィック Kyra Sedgwick
マリサ・トメイ Marisa Tomei
ロン・エルダード Ron Eldard
テイ・ディグス Taye Diggs
マーリー・シェルトン Marley Shelton
パトリック・ブリーン Patrick Breen
 
 内容わかる感想は以下続きにて続きを読む
posted by ハワイ at 01:34| ウィーン ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

ゴーシトシップ

 はいまあまあです。思ったより良く2倍速せずに鑑賞。幽霊船のお宝をゲットしたいなって話です。でも幽霊いるから大変なんですよね。だってゴーストですよ?恐いし〜かなわないし〜でもうてんてこまいです。
 でもね、金塊見つかっちゃうんですよ。そりゃあ一喜一憂すんでしょ?僕だって危険おかしてでも金塊だったら欲しいもん、金塊ほしーみたいな。でね、セクシーな幽霊に誘惑されたりと男への罠も巧妙なんですよ。
 一番印象に残ったのはオープニングだけ何故かオシャレフランス映画みたいでかわいかったこと。
posted by ハワイ at 20:59| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミー・ウィズアウト・ユー

 良い映画です。これは超オススメ。小さいころから親友の二人の少女が傷つけ合いながらお互いを必要とし大人になっていくってかんじです。
 お互い自分にない部分に憧れ妬みケンカも多く一人の男を取り合ったり、嘘ついたり、でも必要。ホリーとマリーナは一心同体。そんな永遠のホリーナの人生の話。最近で一番良かった映画です。

「あの頃には戻れない。だけど一緒にいたい・・・」

STORY★
13歳のホリーとマリーナは隣同士に住む幼なじみ。
いつも一緒にいたので、人は彼女たちを"シャム双生児"と呼んだ。
2人はいつでも夢と希望を分かち合い、未来についておしゃべりしていた。

ユダヤ人で保守的な両親に育てられたホリーは、物を書くのが好きでシャイな女の子。
一方マリーナは、派手な母親の影響を受け、早熟で奔放な女の子。
正反対の2人だったが決して離れることはなく、同じ世界に生きていた。

17歳になったホリーとマリーナは、相変わらず一緒にいた
時は80年代、2人はパンクとニュー・ロマンティックに夢中だった。
派手なマリーナのまわりには常に男友達がいたが、ホリーは密かにマリーナの兄ナットに惹かれていた。

21歳になり、既にお酒もドラッグも男も覚えた2人は、変わらず一緒だった。
しかし、互いに知らぬまま教師のダニエルに恋したホリーとマリーナは、
偶然2人とも彼に遊ばれていたことを知り罵るが、傷つきながらも離れることができないのだった。

80年代も終わりに近づいた頃、ホリーはジャーナリストとして、処女作を仕上げようとしていた。
恋人のカールがありながらも、心はいつもフランス人女優のイザベルと結婚したナットを求めていた。
マリーナは奔放な男性関係に終止符を打ち、ユダヤ人のレオと結婚しようとしていた。

今なお一緒にいた2人だったが、ホリーは感じていた。今こそお互い離れなければ…と。
公式HP?
監督
サンドラ・ゴールドバッハー
出演
ミシェル・ウィリアムズ
アンナ・フリエル
オリヴァー・ミルバーン
posted by ハワイ at 19:46| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

スナイパー

 銃社会に反発し銃器販売会社の経営者に復習しちゃうぞ、ってストーリーです。美人副社長を公園の一角に拘束し遠くのビルの上からライフルで常に狙って懺悔を要求しちゃってます。
 この公園、ビルの部屋で大体の時間がすぎるのですけどなかなか面白いです。思ったより全然よかった。まあまあおすすめです。副社長美人だし。

監督
カリ・スコッグランド
出演
ウェズリー・スナイプス
リンダ・フィオレンティーノ
オリバー・プラット
マーティン・カミンズ
ハート・ボックナー
ジョナサン・スカーフ
posted by ハワイ at 03:50| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

「永遠の愛に生きて」

 これって実話なんですかね?とにかくけっこう感動する。舞台は1952年C・S・ルイス(アンソニー・ホプキンス)はイギリス、オックスフォード大学で教鞭を取るかたわら、童話を書いてます。ファンレターがきっかけで知り合ったジョイ・グレシャム(デブラ・ウィンガー)は人妻で母。
 年老いても恋できるって思える良い映画。たとえ苦難が待ち構えててもそれに挑む。素晴らしい。なかなかできない行為です。僕も昔、好きな子が具合悪くどんなになっても一緒にいたいって思ったことありました。けど別れた。
 この映画のもう一つ素晴らしい点はキレイ、美しい自然描写です。昔に生きててこんな大自然に囲まれて暮らせた人たちってうらやましいです。

(1993) Shadowlands
キャスト(役名)
Anthony Hopkins アンソニー・ホプキンス(Jack Lewis)
Debra Winger デブラ・ウィンガー(Joy Gresham)
Edward Hardwicke エドワード・ハードウィック(Warnie Lewis)
Joseph Mazzello ジョセフ・マゼロ(Douglas Gresham)
John Wood ジョン・ウッド(Christopher Riley)
監督
Richard Attenborough リチャード・アッテンボロー
posted by ハワイ at 01:23| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

運命の女

 つまならかったです普通に。幸せな家庭のきれいな専業主婦のコニー(ダイアン・レイン)が偶然であったかっこいいイケメン青年ポール(オリヴィエ・マルティネス)と官能の恋に落ちていく系です。旦那はリチャードギアです。
 最初の20分で見るのやめようかと思いましたけど、何故最後まで見たかっていうと旦那とイケメンどっちを主人公の主婦が選ぶか、浮気してどう後悔し、なにを失うかを見たかったからです。それが知りたい、良い主張のある結末期待し2倍速で音も消してBBQチキンズ聞きならが見ました。
 しかし浮気相手のオリヴィエ・マルチネスはかっこいい。黒髪でいい男でした。

(2002) Unfaithful
キャスト(役名)
Richard Gere リチャード・ギア(Edward Sumner)
Diane Lane ダイアン・レイン(Connie Sumner)
Olivier Martinez オリヴィエ・マルティネス(Paul Martel)
Eric Per Sullivan エリック・ペア・サリヴァン(Charlie Sumner)
Chad Lowe チャド・ロウ(Bill Stone)
監督
Adrian Lyne エイドリアン・ライン

 結末わかる続きは以下続きを読む
posted by ハワイ at 23:48| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シカゴ

 はい、期待どーり面白いです。こういうミュージカルっぽい映画って大好き。キャサリンきれいだなーいいなー。ギアおじちゃんも相変わらずかっこいい。敏腕嘘つき弁護士役がぴったり。レニーセルヴィガーもブリジットジョーンズの日記とは別人みたいでさすが。
 ダンサイーンザダーク、ムーランルージュには及ばないものの良いです。妄想が歌と踊りなどで表現。さすがで音楽、踊りがセンス良い。最後のスタッフロールまで早送りなしで見ました。
 舞台は1920年代シカゴ。スターを夢見るロキシー・ハート(レニー・ゼルウィガー)は浮気相手を殺してしまう。一方、ロキシーの憧れの歌姫、ヴェルマ・ケリー(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)も旦那と浮気相手の妹を殺してしまう。二人は刑務所で知り合い、敏腕弁護士ビリー・フリン(リチャード・ギア)が登場、ってカンジ。

(2002) Chicago
キャスト(役名)
Renee Zellweger レニー・ゼルウィガー(Roxie Hart)
Richard Gere リチャード・ギア(Billy Flynn)
Catherine Zeta Jones キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
Queen Latifah クイーン・ラティファ(Mama Morton)
John C. Reilly ジョン・C・ライリー(Amos Hart)
Lucy Liu ルーシー・リュー(Kitty Baxter)
製作
Martin Richards マーティン・リチャーズ
posted by ハワイ at 16:12| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカン・スウィートハート

 この映画の名言
「幸せは待つ者に訪れる」
「想っているなら突き進め」

 良い映画です。久々に良い恋愛映画見たなと思います。はじめはありがちな業界恋愛映画だと思ってただただキャサリン・ゼタ・ジョーンズのかわいさだけ見てましたけど全然違った。
 宣伝マン役の人のブラックコメディも最高。キューザックもかわいい男全開。なによりラストの公開になる映画と作った監督の意図が良いです。
 しかしずーっと見てて唯一の疑問が。ジュリアロバーツがキャサリン・ゼタ・ジョーンズの妹?ビジュアル的にもまったく逆。若干無理アリです。見てよかったー。
 ストーリーは映画業界を舞台にしたラヴ・コメディ。エディ(ジョン・キューザック)とグウェン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、競演する映画でヒット連発だった実生活でも夫婦。でもいまは破局寸前で人気も落ち目。ダンナは心労からか精神治療施設に。再びこの二人をくっつけ映画もヒットさせる!ってのが目的の映画宣伝マンの頑張りと二人の今後は?系
 キャサリン・ゼタ・ジョーンズってかわいくてきれいでかなり良いです。僕の仕事場のバイト(女子大生)がなにげに似てます。

(2001) America's Sweethearts
キャスト(役名)
Julia Roberts ジュリア・ロバーツ(Kiki Harrison)
Catherine Zeta Jones キャサリン・ゼタ・ジョーンズ(Gwen Harrison)
John Cusack ジョン・キューザック(Eddie Thomas)
Billy Crystal ビリー・クリスタル(Lee Phillips)
Hank Azaria ハンク・アザリア(Hector)
監督Joe Roth ジョー・ロス
 ちなみに
ジュリア・ロバーツ
生年1967/10/28
出生地ジョージア州スミルナ

キャサリン・ゼタ・ジョーンズ 
生年1969/09/25
出身地イギリス/ウェールズ州

posted by ハワイ at 15:59| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

「バスケットボール・ダイアリーズ」

 まだ幼さも残るディカプリオの好演が良い青春映画。面白かった。
 ニューヨークの高校生が麻薬に手を出して破滅していく様を描く。詩人ジム・キャロルの同名の自伝的小説「マンハッタン少年日記」の映画化。ジュリエット・ルイスも出演。

(1995) The Basketball Diaries
キャスト(役名)
Leonardo DiCaprio レオナルド・ディカプリオ(Jim Caroll)
Bruno Kirby ブルーノ・カービー(Swifty)
Lorraine Bracco ロレイン・ブラッコ(Jim’s Mother)
Ernie Hudson アーニー・ハドソン(Reggie)
Mark Wahlberg マーク・ウォールバーグ(Mickey)

監督
Scott Kalvert スコット・カルヴァート
posted by ハワイ at 02:20| ウィーン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「誘拐犯」

 ベネチオ・デル・トロとジュリエット・ルイス出てるだけで満足。デル・トロの顔は濃い。
 壮絶な心理戦が繰り広げられる誘拐クライム・アクション。

(2000) The Way of the Gun
キャスト(役名)
Benicio Del Toro ベニキオ・デル・トロ(Longbaugh)
Ryan Phillippe ライアン・フィリップ(Parker)
Juliette Lewis ジュリエット・ルイス(Robin)
Taye Diggs テイ・デイヴィス(Jeffers)
Nicky Katt (Obecks)

監督
Chrstopher McQuarrie クリストファー・マックァリー

posted by ハワイ at 02:15| ウィーン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「カーラの結婚宣言」が好きな男

 この映画は大好きです。純粋な愛をかんじられ心洗われます。
 知的障害者の二人の恋愛ストーリー。とにかく嬉しいときは笑い、悲しいときは悲しむ。怒るときは怒る。ストレートな人間って素晴らしいうらやましい。これくらい素直になれたらって場面何回もありました。ジュリエット・ルイスも最高。
 
The Other Sister(1999)
キャスト(役名)
Juliette Lewis ジュリエット・ルイス(Carla Tate)
Diane Keaton ダイアン・キートン(Elizabeth Tate)
Tom Skerritt トム・スケリット(Radley Tate)
Giovanni Ribisi ジョヴァンニ・リビジ(Daniel McMahon)
Poppy Montgomery ポピー・モントゴメリー(Caroline Tate)

監督
Garry Marshall ゲイリー・マーシャル

posted by ハワイ at 02:12| ウィーン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「60セカンズ」も見ていた男

 僕はニコラス・ケイジけっこう好き。かなり好きです。この映画はけっこうよかったかな?
 元天才的車泥棒のニコラスさんの弟分が拉致。助けるためには24時間で50台の高級車を盗み出さないダメ!みたい。こんなかんじのストーリーだった気します。
 なんと言っても記憶に残ってるのはアンジェリーナ・ジョリーがかわいくセクシー。これに尽きます。

Gone in Sixtyseconds (2000)
キャスト(役名)
Nicolas Cage ニコラス・ケイジ(Memphis Raines)
Angelina Jolie アンジェリーナ・ジョリー(Sara Sway Wayland)
Giovanni Ribisi ジョヴァンニ・リビジ(Kip Raines)
Delroy Lindo デルロイ・リンド(Detective Roland Castlebeck)
Will Patton ウィル・パットン(Atley Jackson)

監督
Dominic Sena ドミニク・セナ
posted by ハワイ at 02:07| ウィーン ☔| Comment(1) | TrackBack(4) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ギフト」も見た男

 ジョヴァンニ・リビシつながりで思い出した映画。出演陣は豪華で内容はまあまあの作品。
 霊感を持つ女性が殺人事件に巻き込まれてり解決したりするサスペンス。非現実的でイマイチ。

The Gift
キャスト(役名)
Cate Blanchett ケイト・ブランシェット(Annie Wilson)
Keanu Reeves キアヌ・リーヴス(Donnie Barksdale)
Hilary Swank ヒラリー・スワンク(Valerie Barksdale)
Greg Kinnear グレッグ・キニア(Wayne Collins)
Giovanni Ribisi ジョヴァンニ・リビジ(Buddy Cole)
監督
Sam Raimi サム・ライミ
posted by ハワイ at 02:03| ウィーン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヘヴン」を見た男

 良い映画でした。警察が取り締まらない影の麻薬王を自らの手で殺そうと爆弾をしかけるも間違って一般市民を殺してしまう女教師。その尋問に参加する刑務官は純粋に苦しみ反省しつつも悪を憎むこの女教師に恋をする系です。
 拘束されるこの女性を逃し二人の逃避行はどこまで行くのか?系です。
 はっきり言って疑問点も若干あり。いくらなんでも爆弾しかけるってやりすぎだし、その犯人にあっさり恋し法を侵してでも逃がす主人公の青年もやりすぎ…。
 でもなかなか良い映画でした。自然の描写もキレイ。主演の刑務官ジョヴァンニ・リビシが好きです。他の映画でもけっこう見かけてまして一番よかったのがやはり「カーラの結婚宣言」これはかなり良い映画でした。エンディングも良い。

Heaven (2001) アメリカ=ドイツ=イギリス=フランス
キャスト(役名)
Cate Blanchett ケイト・ブランシェット(Philippa)
Giovanni Ribisi ジョヴァンニ・リビジ(Fhilippo)
Remo Girone レモ・ジローネ(Fhilippo's Father)
Stefania Rocca ステファニア・ロッカ(Regina)
Alessandro Sperduti アレッサンドロ・スペルドゥーティ(Ariel)

監督
Tom Tykwer トム・ティクヴァ

 内容わかる感想は続きにて
続きを読む
posted by ハワイ at 01:58| ウィーン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

「タトゥー」を見た男

 面白かったですドイツ映画。人の体にいれられたタトゥーを収集する犯人を追う刑事コンビの話。主演の青年がかっこいいんです。ストーリーも良いしなんと言っても良かったのが映像。無機質っていうか非現実的な犯罪、世界観を映像でも表現できてて良かった。
 ラストも超好き。

2001年フランス/ドイツ
監督脚本
ロベルト・シュヴェンケ
出演
アウグスト・ディール
ナデシュカ・ブレニッケ
クリスチャン・レドル
イルクナー・バハディル
ジョー・バウシュ
posted by ハワイ at 01:20| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

「クリスティーナの好きなコト」を見た男

 久々につまんない映画見たなーと満足です。映画のコンセプトって痛いほど伝わってきますけどどうしても無理。今のC・ディアスにこのモテモテで恋を遊ぶ女って役きびしいです。僕もメリーに首ったけとか普通じゃないは大好きでしたけどキャメロンさんは路線変えて欲しいです。年齢にあった深みのある役を。姉のいた夏、いない夏も好きだったのになー。
 とにかく終始二倍再生で見ました。何故そこまでした見たかって言いますとこの映画の主人公三人の女性の一番下っ端役のセルマ・ブレアさんがかわいかったから。それだけです。このセルマさんって何回か映画で見かけた顔ですけどよく思い出せないです。
 なんかの学園もので主人公のギャルの恋敵で出てた気しますけど。
 この映画で唯一印象の残ってるシーン、セリフは
「君に会いに来た」
です。こういうセリフいいたいです。

2002年 米
監督
ロジャー・カンブル
出演
キャメロン・ディアス
クリスティーナ・アップルゲイト
セルマ・ブレア
トマス・ジェイン
ジェイソン・ベイトマン
posted by ハワイ at 01:30| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

「ウェイキング・ライフ」を見た男

 久々にすごい映画見ました。アニメ映画なんですけどアニメがすごいんです。なんでも実写で撮影されたフィルムをどうにかしてアニメ化してるらしくとにかく不思議感覚な映像でオシャレ。時にはリアルで時にはコミカル。人物の心境によっても変化ありとにかく不思議。内容も不思議。
 内容は夢から醒めてもまた夢。繰り返し見る夢の中で人間の魂の行方などにとにかくうっとうしいくらい夢の中の人物たちが議論するってストーリー。字幕が多く言葉、意味も難しい。はっきり言って早送りもせずちゃんと最後まで見たけど最後のシーンの意味理解できてません。けど面白かったです。主人公がたまに堂本剛に見えるのは僕だけでしょうか

監督
リチャード・リンクレイター
製作
パルマー・ウェスト、ジョナ・スミス
トミー・パロッタ
アン・ウォーカー=マクベイ
製作総指揮
ジョナサン・セリング
キャロライン・カプラン
ジョン・スロス
声の出演
ワイリー・ウィギンズ
イーサン・ホーク
ジュリー・デルピー
posted by ハワイ at 01:44| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

「ストーカー」を見た男

 写真屋さんが憧れの家族をストーキングするってサスペンスですね。まーまー以下です。奥さんかわいいってのが一番印象に残ってます。そんなに怖くないサスペンスで実は恋愛映画なのでは?と疑うほどです。2倍速で鑑賞

One Hour Photo (2002)
キャスト(役名)
Robin Williams ロビン・ウィリアムズ(Seymour Parrish)
Connie Nielsen コニー・ニールセン(Nina Yorkin)
Michael Vartan ミシェル・ヴァルタン(Will Yorkin)
Dyran Smith ディラン・スミス(Jakob Yorkin)
Gary Cole ゲイリー・コール(Bill Orwens)

監督
Mark Romanek マーク・ロマネク

 内容わかる感想は続きに続きを読む
posted by ハワイ at 01:35| ウィーン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

「シティ・オブ・ゴッド」を見た男

 面白いです。ブラジル映画ってあんま見た記憶ないですけどかなり良い映画でした。
 映画の舞台は1960年代後半のリオデジャネイロ郊外の公営住宅シティ・オブ・ゴッド。ここに住む青年カベレイラ(ジョナタン・ハーゲンセン}が主人公です。この街は犯罪無法地帯で子供から犯罪にはまってます。主人公以外の人物の話が面白く構成も面白い。とにかく面白い。
 リアルな殺人描写等すごいです。僕が一番好きな人物がベネ、人の良い麻薬王。映画はキッズみたいなかんじっすね。どこまでノンフィクションなんですかね?安全な国に住んでいてよかった。

Cidade de Deus (2002)
出演
Alexandre Rodrigues アレシャンドレ・ロドリゲス(Buscape)
Leandro Firmino da Hora レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ(Ze Pequeno)
Seu Jorge セウ・ジョルジ(Mane Galinha)
Jonathan Haagensen ジョナタン・ハーゲンセン(Cabeleira)
Phellipe Haagensen フィリピ・ハーゲンセン(Bene)

監督
Fernando Meirelles フェルナンド・メイレレス
Katia Lund カチア・ルンヂ
製作
Andrea Barata Ribeiro アルドレア・バラタ・ヒベイロ
Mauricio Andrade Ramos マウリツィオ・アンドラーデ・ラモス
原作
Paulo Lins パウロ・リンス
posted by ハワイ at 00:10| ウィーン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。