掲示板

2004年12月18日

銀杏BOYZの歌を自分なりに考察する男

 もうすぐ銀杏BOYZのアルバム発売です。超楽しみ。今回は僕が最近行った4回のライブで聞いた銀杏の曲の感想をば書きます。スクールキルが超好きです。
 歌詞も解釈も全て適当。僕の個人的意見です。峯田さんよくマイクくわえるから歌詞よくわかりません。ゴーイングステディよりテーマは大きくなった気しますけど言いたいことは同じと僕は思います。

・日本発狂
 ライブで毎回スクールキルとセットでやってくれます。のれる曲。
 「死んだ魚の目をして〜
 世界で一番ぶざまな夜に アイツを殺して僕も死にたい
 僕らは心が時々壊れそう
 日本発狂!」

・SKOOL KILL
 峯田さんは毎回曲紹介時に神戸の連続児童殺傷犯の彼に呼びかけます。
 誰でも人を殺したい、自分の手首を切りたいって思ったことあるだろ?と皆に聞きます。
 人殺しを容認してるわけでは決してなく、ストレートな歌詞を歌った峯田さんらしい歌で大好きです。のれるし。
 最初になんか叫んで始まるのですけどなんて言ってるかわからず僕も声だしてます。
「僕は君が本気で好きなだけ

君のことばかり好きだから 
君のことばかり好きだから 僕は歌うよ

悲しい事件や争いごとが世の中いっぱいあるけど
君がそばにいてくれたらもう平和なのさ
悲しい事件や争いごとが世の中いっぱいあるけど
君がそばにいてくれたらもう平和なのさ」

・東京
 峯田さんの昔の彼女の歌だそうです。別れて郡山に帰った彼女の歌。二人で過ごした東京の日々を歌うミディアムテンポの曲ですっごく良い歌です。最初はブルーになりながら聞いてましたが下北シェルターでは素直に頑張ろうと聞けました。
「二人の夢は空に消えてゆく
二人の夢は東京の空に消えてゆく

二人の想い出は空に吸いこまれて
二人の想い出が東京の空に吸いこまれて
僕が歌うことは全部
二人の通り過ぎたなんでもない景色が
僕にとってはそこそ映画のようだよ

二人の通り過ぎたなんでもない毎日が
僕にとってはそこそ歌になるのさ

君はいつも僕の中で笑っているよ」

・人間
 弾き語りからバンド形式になる10分くらいあるすごい歌です。すごく良い。

「君が泣いてる夢をみたよ
戦争反対とりあえず
戦争反対って言ってりゃいんだろ
回る 回る ぐるぐる回る」
 毎回歌が終わったあとにこんなかんじの話しをしてくれます。
「この時代に僕らを生んでくれたお父さんお母さんどうもありがとさまでした」

・十七歳(・・・cutie girls don’t love me and punk.)
 一回しか聞いてません。短い早いと困った名曲。歌詞を読んでみたいです。
 「じゅーななさーい!」って叫んでましたけど。

・犬人間
 ワンワンワワン!ワンワンワワン!ってサビ?です。社会の犬の歌なんですかね。

・日本人
 一回しか聞いてません。のれる系。

・あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す
 この歌も一回しか聞いてないですけどかっこいい良い曲でした。
 「君のパパを殺そう」ってかんじだった気します。都会に行ってしまうかもしれない好きな子への歌っぽい歌詞だった気します。

・なんて悪意に満ちた平和なんだろう
・なんとなく僕たちは大人になるんだ
 以上2曲弾き語り系です。銀杏の真骨頂なんでしょうか?こういうカンジを峯田さんはしたいのかな?と毎回ライブでやるたびに伝わってきます。早くアルバム聞きたいです。
posted by ハワイ at 00:53| ウィーン 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽〜好きな曲買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたしも聴き取れてません!!何言ってんだかさっぱり。歌詞。きっと素晴らし事言ってんだろって勝手に解釈です
あっ、唯一SKOOL KILLのサビ(?)は君の事が大好きだから〜♪らしいでです
Posted by ac at 2004年12月19日 09:12
 ですよねーCD発売待ち遠しいです。そろそろラジオとかでもかかるのかな?スクールキルは「君の事ばかり好きだから〜かと思ってましたしそう叫んでました・・・。
Posted by ハワイ at 2004年12月19日 23:55
こんばんわ☆忘年会してまいりました。世の中感覚ですよ!!思う存分叫んでください。この間SKOOL KILLかかったよーですね。あした(明後日か?)の夜中もラジオあるらしいですねぇ
Posted by ac at 2004年12月20日 00:09
 おおタイムリーに忘年会ですね。うんうん。ラジオで聞けるのですか?聞きたいなーラジオって聞かないけど入るかも不明。
Posted by ハワイ at 2004年12月20日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1326126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。